RN工廠

1/2000~4000ミニスケール洋上艦船模型製作暦20有余年、 その極小世界へようこそ・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

米戦艦テネシー(その4)ケージマストの製作・・・その3

ベトナムで護衛艦がなにやらぶつけたりぶつけられたりしてるようですね・・・
今回の当事者「まつゆき」と言えば40代のミリ&エアファンには思い出深い鑑の一つです
85年お盆、ちょうど新潟の友人が休みでうちに泊まりに着ていたときに日航機行方不明のニュース速報
ウォーゲームをやる約束していたんですが、一晩中TVにかじりついていました。
翌日、御巣鷹山への墜落が確認されるまもなく、おりしも駿河湾で公試航海中の
「まつゆき」が今はなき鶴のマークのついた巨大な垂直尾翼を発見、
艦尾に曳航して横須賀に帰還する姿のヘリ映像が何度となくニュース画面に流れていました・・・

そんなわけで「まつゆき」の名前耳にするたびにRNは日航機事故と
まだ20台半ばだったころのアレやこれ、思い出したりしてしまうわけです

テネシー7


さて、テネシーです。
抜き上がった船体に諸々の部品、仮組した状態です
が、やっぱり前々回ヘリゴランドのとなりにマスト置いた時の予感的中!
「太い!太りすぎだ・・・」
くびれた部分で直径1.0㎜、裾のところで2㎜にするつもりで
基材のプラ棒を0.8㎜、1.6㎜に削りエナメル線巻いたのですが
瞬接だの溶きパテだので厚みが増し、出来上がってみれば
それぞれ1.3㎜~2.4㎜に仕上がっていたんですね・・・
判ってはいたのですが、それでも出来てしまったものは仕方が無いと
(実際組んでみると何とか見られるのではないかとの淡い期待もあり)
見てみぬ振りして作業を進めましたが、やっぱりこれはボツですね・・・

ケージマスト5


で、やむなくケージマスト製作は振り出しに戻りました
上が初号機、下が弐号機です
今度は0.5~1.4㎜に削ってますケージマスト6

さて、抜きあがった新マストです。今度は細いこともあって透明度も良いようですね・・・

エジンコート


透明レジンは硬化が遅いんでその間にまた別モンに手を染めました(^^;
古戦場の名前が付く例の大戦艦です・・・
スポンサーサイト
  1. 2008/03/04(火) 20:54:36|
  2. 1/3600艦隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。