RN工廠

1/2000~4000ミニスケール洋上艦船模型製作暦20有余年、 その極小世界へようこそ・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1/3600ミニチュアで見るWW1の海戦~1914  その4 独潜水艦U-9、英装甲巡洋艦を襲撃

先月は某模型展示会への出品、その後は野球の開幕などでほっとかれてましたが
久々にこの土日完オフ、ちょっと気合入れて「WW1の海戦」の続きです。
(といいながら、コピー、作品はは展示会に使ったものの使いまわしですが)

今回は海戦というか、やられっぱなしです・・・

1914.png
独潜水艦U-9、英装甲巡洋艦を襲撃
 1914年9月20日、英陸軍のベルギーへの輸送路を攻撃のためウェッジゲン大尉指揮のドイツ潜水艦U-9はヴィルヘルムスハーフェンを出航した。翌21日オランダ沖に到着したU-9だが折からの荒天を避けるため海底に沈座1夜をすごした
 翌22日早朝、二次電池の充電のため浮上航行中の同艦は午前6時、英巡洋艦隊をを発見した
この艦隊は8月のヘルゴランド・バイト海戦にも参加したクリスチャン少将の「巡洋艦部隊C」で戦隊旗艦ユリアラスは載炭のため帰港中、最先任のアブーカー艦長ドラモンド大佐指揮の基、ホーグ、クレッシーの3隻が哨戒中であった
3隻はアブーカーを中心に2海里間隔で単横陣をつくり10ktの低速で北方に向かっていた
 ウェッジゲン大尉は直ちに襲撃を決意、午前6時30分中央のアブーカーに近距離で魚雷1本を発射、右舷に命中した魚雷は機関室を破壊、大浸水を生じ傾斜した。
ドラモント艦長は機雷による触雷と判断、僚艦に救援を命じた。アブーカーの両舷を航行する両艦は直ちに進路をアブーカーに向け、まもなくホーグが接近、救難のためアブーカーの右舷付近で停止した。雷撃後一度北方に避退したU-9だったがホーグの接近を見て再度反転、これに270mの至近から魚雷2本を発射、いづれも命中した。
 7時前後にあいついで沈没した僚艦乗員を救うため今度はクレッシーが接近停止、救助作業中に潜望鏡を発見した同艦は直ちに両舷全速を指示、発射された3本中1本はかわしたものの2本は命中、7時55分海底に没した
 わずか1隻の潜水艦の攻撃により(旧式で有力ではなかったにしろ)3隻の大型巡洋艦を失ったこの戦闘は1.400名あまりの死者を出し、その多くが予備役で召集されたばかりの妻帯者だったこともあり大きく英国の士気を阻喪することとなった。
またこの結果、僚艦が触雷した場合は救助を小型艦に任せ速やかに現場を離れるようとの命が出されそのシーマンシップにそむく行為は更なる人的損害を誘発した



U-9の攻撃を受ける英装巡隊です
右からホーグ、アブーカー、クレッシー、アブーカーとクレッシーの間の黒いのがU-9です
となみに左側でクレッシーが雷撃を受けていますが、本文中にもあるとおりこの時点ではすでにアブーカー、ホーグは水中に没していました。また、この海面スケールは模型の⅟10サイズで製作しています。さすがにこんな近所で揃って討ち死にしたわけではありません・・・
クレッシー1
沈みつつあるアブーカーです。 
アブーカーはクレッシー級1番艦で、大戦時はすでに艦齢14年を経過、艦隊任務には適しえませんでしたが哨戒、護衛任務には強力な存在でした竣工1901.5 常備排水量12.000t 全長*全幅*吃水 143.9m*21.2m*7.9m 出力21.000hp 速力21.0kt 9.2in砲*2 6in砲*12 18in魚雷発射管2 装甲6in(舷側)
クレッシー2

雷撃を受け左舷に傾きつつ停止するホーグです
ホーグはクレッシー級5番艦です。本級は巡洋艦としては比較的幅の広い船型で、安定性が良好でした
クレッシー4

U-9の攻撃を受けるクレッシーです
右舷後方には回避に成功した魚雷の航跡が残っています
クレッシーは英装甲巡洋艦の第一クラスで、大型防護巡ダイアデム級をタイプシップとして舷側装甲を追加、パワフル級に順ずる兵装を搭載しています

ちなみにU-9はなぜか浮上攻撃していますが
夜戦でもないので当日はもちろん潜行していました(^^;
クレッシー3

同じくクレッシーです。2本目の魚雷が左舷後部に命中した瞬間です
クレッシー6

触雷したクレッシーのアップです。英装甲巡洋艦はこのクレッシー級に始まり小型のカウンティ級を除きすべて4本煙突で、ひとつの特徴になっています。また長年英巡洋艦の甲板を賑わしていたカウルヘッド型のベンチレーターはこのクラスが最後で次のドレーク級では強制通風となりました
クレッシー5
スポンサーサイト
  1. 2009/05/23(土) 10:48:11|
  2. 1/3600ミニチュアで見るWW1の海戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

模型の展示会から・・・

熱波のように過ぎた展示会から4週間、
事前準備の入れ込みがたたってか模型にはあんまり手の付かない日々が続いています
この休みも5/3はカミサンと上野~浅草でイベント見物+映画(結構疲れてカミサン不機嫌)
昨日は愛犬連れて千葉のマザー牧場ととりあえず模型とは関係ない日々を過ごしてしまいました

もっとも、展示会向けに作った作品がかなり貯まってるんで
さしあたりブログネタには困ってない状態ですが、やっぱりこれも気合が入らず
こちらも1ヶ月放置状態、こまったもんです (^^;

この一月作ったのは展示会会場で知り合ったS氏にちょいとインスパイアされて
手懸けてみたくなったモダンシップの甲板に並べる予定の小物だけ、
ナンボなんでも明日くらいはこれを仕上げようかと思ってます・・・
(モダンですから小物といっても結構大きく全長5㎜はあるんで作り応え!?はちょっとあります・・・)



P4120084a.jpg
↑写真は展示会で拝見させていただいた航空畑の大先生O御大の作品群です。(だけじゃないけど)
銀塗装の奥義、堪能させていただきました・・・
  1. 2009/05/05(火) 19:46:56|
  2. 近況報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。