RN工廠

1/2000~4000ミニスケール洋上艦船模型製作暦20有余年、 その極小世界へようこそ・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仏戦艦シュフランの製作(2)

先週末、昨秋から春にかけてNHKのスペシャルドラマ「坂の上の雲」のオープンセット撮影が行われた
川口スキップ・シティのB街区(街区といっても現在は空き地になってますが)、
今年もまたセットが組まれないかと期待して、たまに見物にいってます

先週後半、枯れ草の草刈作業が行われていたのでひょっとしたらと期待させられたんですが
現時点で動きはなく、単に防災で草刈していただけのようです・・・残念!
20091015160031.jpg

さてシュフランです
前回、パテもりした艦尾の成型作業中、正月の鏡餅というか「がきデカ」のほっぺた型というか
2段に膨れている微妙なカーブが大変です・・・

P9250032.jpg

で、そこそこいい感じになって満足していたんですが
スタンウォークつけるためにレザーソーで刻みいれたら無残なことに・・・
この刻みに0.3のプラ板挟んで接着、再成型です
P9260040.jpg

PS 仏戦艦シリーズに続いてキールをすえた2隻です。さてこの2隻は何でしょう?
P9270063.jpg
上の写真だけじゃ分けわかんないのでもう少し進捗した状態も追加、
最初に正解の方には私から名誉を差し上げます(オイ!

PA110019.jpg
スポンサーサイト
  1. 2009/10/22(木) 18:05:00|
  2. 1/3600艦隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

仏戦艦シュフランの製作(1)

巷では面白い髪型の(いや、人のこといえないが)江畑さんが亡くなったり
セパ両リーグともレギュラーシーズンの日程を終えたりしてる今日この頃、
私はこの日月も模型作りに励んでいます・・・

(昨日の神宮最終戦は見に行ったけどね。CSはちょっとチケット無理だ~)

さて、シュフランです。
対英戦でインド洋で戦い、ヒューズ提督との4度にわたる海戦で負けなかった
(完全勝利こそしていませんが)名将として誉れ高いシュフラン提督の名を冠した本艦は
1.3000tと列強の1等戦艦並みの排水量を与えられた戦艦、つくり応えも相応にあるというものです



Suffren1.jpg
さしあたり資料はネット上の怪しげなカラー図とコン、世艦の増刊号くらい
ミニスケールだからこれだけあれば十分と、作業開始です!
P8150241.jpg
で、間々それらしくなったところで今回の仏戦艦シリーズにまつわる共通の暗礁、
「作業が相当進んだ状態で新資料に出会う」に乗り上げてしまいました・・・(泣
rys-suffren.jpg

この図面と比べてみると艦尾の平面形が違い
上構もぜんぜん違っているようです
P9200012.jpg
まずは艦尾はプラ板接着して最削りだしすることとしました
2段にカーブを描くタンブルホームが中央から艦尾に向かって相似断面で続いている微妙な部分です


P9210018.jpg

ざっと削りだしてパテ盛り。北国さんとかに教えてもらった光硬化パテの使用も考えましたが
今回はほぼ3隻同時進行で進めてるんで使い慣れた田宮パテ
硬化中は他のやつの作業進めます

P9220031.jpg

上構は平面形がまるで違っていたので再施工、煙突基部の形状も角型から丸に変更です
左が旧上構、右が新しいものです
P9250035.jpg
煙突は前のやつ移し変えて仮組、まあこんなもんだろ~

それにしてもさほど大きい船でもないのにこのうっとおしく複雑な上構は何なんでしょう?
同時期の英艦のシンプルな上構見慣れた目には奇怪に写ります
タンブルホームで減少した船体内の容積補うためなのか、
ともかく実戦向きではない、「すわりのわるさ」感じる上構です・・・(続
  1. 2009/10/13(火) 20:31:16|
  2. 1/3600艦隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

仏戦艦シャールマーニュの製作(1)

詳しいことは判りませんが同郷の元国会議員、N川氏の訃報が伝えられました
父中川一郎氏が自死により亡くなっていることもあり死因が取りざたされてますが
まあ、選挙後絶っていた飲酒を再開、体を傷めていた可能性もありますね。
QRの「大竹まことゴールデンラジオ」のゲスト出演の際
例の金融サミットに際して執拗に大竹氏から「でも飲んでたでしょ?」を連発され
番組中切れ掛かっていたのが思い出されます・・・
(「だってその後禁酒したってんだから飲んでたに決まってるジャン」だそうです)

Charlemagne-99a.jpg
さてシャールマーニュ級です
手元、ネット上にあるのはジェーンから起こしたと思われる↑の図面だけ
サイドビューはコンウィ系のものがありもう少しまともなんですが
(世界の艦船「フランス戦艦史」のものはこの系列です)
このジェーンのものとは配置のバランスも違ってます
比較的大柄のゴロワのサイドビューの写真と比較すると概ねコン版が正確のようです

P8080228.jpg

で大雑把に削りだしたのがこれです。副砲ケースメートの張り出しが大きいので、主船体と船首楼の2分割での製作になりそうですね・・・

rys-gaulois.jpg
とここまで作業進めて出てきたのがブーヴェでも問題になったサイトの掲載図
やっぱ肥えてますねエ。前掲の図面はスマートすぎると思ったんだ~
再び盛りして削りなおし。まあもともと「パテまんじゅう」みたいなもんだから
ブーヴェより手間はかかりません
P9200007.jpg
で例によってなんとなくのフィーリングでテクスチャー貼り付け、それっぽく工作してみました
煙突上の排煙キャップ(トップハット)は型抜き後の仕上げ工作での作業になりますね・・・P9270054.jpg
船首楼と船体切り離して型取り準備です
上構に装備品追加したのでレジン流し込みがちょっと大変そう
気泡があんまりできなきゃいいんだけど・・・
  1. 2009/10/04(日) 13:49:29|
  2. 1/3600艦隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。