RN工廠

1/2000~4000ミニスケール洋上艦船模型製作暦20有余年、 その極小世界へようこそ・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フォーサイト新作キット「リヴァー級」の迷走・・・

北國海軍工廠さまからの指令(?)で展示会で開催されるかもしれない
「川祭り」への参加の努力も怠れないということでこの1週間はリヴァー級を攻めていました・・・

1ヶ月近く放り出してあったんで、前にはこのままでいいかと思っていた
ウインチの取り付けプレート削るついでに後甲板の木甲板表現もみなおしです


quarterdeck_20100328102625.jpg

現役時代のオーストラリアのりヴァー級「ディアマンテナ」の写真です
後甲板のK砲近辺だと思いますが、明らかに甲板は鋼製ですこんな写真出てきちゃしょうがないですね・・・

P3250005.jpg
後甲板直すついでにエッジ部分の段差修正、つるんつるんにしてみました。
分割の船体の場合個々のつなぎ目の処理が難しいです
部品構成を「甲板勝ち」にしてくれると修正が楽なんだけどね~

P3260010.jpg
船首楼甲板の継ぎ目も埋めて煙突装着、着々と作業は進んでいます
あとは大雑把な塗装仕上げて小物つければ一応完成させられるかな?・・・っと思っていたら大きな落とし穴!
「これって煙突高くね??」
艦橋トップの271レーダーに比べてどうも煙突が高すぎです。ファンネルキャップも付いていないタイプだからなおさら、
多分3~4mm高いかも・・・

553490.jpg
オーストラリアで保存されている「ディアマンテナ」です。煙突が直に甲板から生えているように見えます
キットは四角い台座の上から煙突が付いている構成、モールドの関係で煙突詰めるのも大変なんでこの台座を削ることとしました

P3280019.jpg
せっかくそこそこに仕上げた甲板がまたボロボロになったんでパテ処理
この乾きにまた半日かかるんでその間に細部の工作です

P3270017.jpg
未装填状態で蓋が閉まってるヘッジホッグに装填してみました
0.5㎜プラ棒を4*6本植え込んでみました。見栄えするから太めにしたけど0.3㎜のほうが良かったかも・・・・(続
スポンサーサイト
  1. 2010/03/28(日) 11:01:30|
  2. 1/3600艦隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

新戦艦起工!~ついに1ヶ月前と迫ったJME、最後の追い込み体制!

とかいいながら土曜はレイトショウでカミさんと
「シャーロックホームズ」なぞ見に行っちゃいまし(^^;

で、ちっとも期待してなかった映画だったんですがこれが案外の拾い物、
監督のガイ・リッチーがそこそこのシャーロキアンだったということで、
オリジナルのエピソード踏まえながら人格破綻者である新しいホームズ像
描いていてとっても楽しかったです(^^)

モリアーティーが敵役となる次回作も進行してるそうで、
映画ラストでワトソンと結婚したメアリー嬢との確執もヒートアップの予感
これも楽しみです~

加えて艦船ファンにたまらないのは19世紀後半の素晴らしいテムズ川周囲の景観、
とくに建造中の小型装甲艦の(ラム付き2軸3.000tくらいと見たんで太目の防護巡かも?)
船台周囲でホームズが大立ち回り演じ、おかげで未完成の船体は図らずも進水の運び
あえなくテムズ川の川底に沈んでいくというエピソードがあり、
DVD発売の際は繰り返し眺めることになると思います・・・
(うぃきによるとワトソンとメアリーの結婚は1888年だそうだから船名特定できるかも??)

そういえばホームズは原作でも兄貴(海軍省勤め?)からの依頼で盗まれた潜航艇の図面探す話や
第一次大戦直前にドイツのスパイを追う話など、結構海事がらみの話もあったような気がします

PS 自分的な宮崎アニメの最高傑作「名探偵ホームズ」も一番好きなのはモリアーティー(モリアッチ)
の潜航艇と前弩級艦がテムズ川で撃ち合う話でした・・・
(戦艦が仏独のものにしか見えないのは宮崎氏のご趣味ですが)


P3150001.jpg
今週の新戦艦、仮にB砲塔のところに砲塔乗っけてバランス見てます
煙突基部の甲板室の形状が図面、写真じゃ良くわからない・・・


P3230008.jpg
1/700の同級の作例写真探して左右非対称になってる煙突基部を組んでみました
この辺は探照灯台含めて時期で随分違うんで判断が難しい・・・
(どうしても写真は後期主体になるし・・・)
煙突トップはどうしようかな~


P3230006.jpg
全体のバランスは及第点ですかね?1/3600シリーズの場合大きめになりやすい小物サイズに合わせて
上構のデフォルメ行うことも多いのですが前後2砲塔づつでプロフィールが理想的な本級の場合
縦方向に5%くらい大きくなってる以外はほぼ図面&写真に忠実です(煙突はきもっち太め)
著名な艦はこの辺でも逃げが効かないので、慎重になってます・・・

  1. 2010/03/23(火) 20:05:04|
  2. 1/3600艦隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

新戦艦起工!

JMEまで5週間、リヴァー級も目処の立たぬまま
そろそろ本ちゃんの展示予定のラストに手をつけねばなりません
(原型もできていないのはこれだけなんで)
「某超ド級戦艦」起工しました・・・

P3070044.jpg
プリントした図面の脇で0.5,0.8のプラ板はっつけた船体を成型しています
図面は≒1/400のものを1/900にリサイズしてプリント、スケール当てて1/4にすれば1/3600になります
また超ミニスケールはシンメトリー取るのが厄介なんで適当なR書いて確認しながらの削りこみです

P3070042_20100314132707.jpg
前回作ったダンカン級の隣で。ここしばらくはプレドレッドノートばっかり作ってたので
さすが「スーパードレッドノート」はでっかいです

P3070005_20100314132707.jpg
以前、非模型のミリ友から
「副砲ケースメートがちゃんとできていない」という
心無いお言葉いただいたので今回はそこんとこだわってみました。
副砲のピッチ正確に出すため1mm弱に細ぎりにした0.5mmプラ板、交互に貼り付けてます
模型友からは(苦労わかるだけに)あんまり否定的な感想はいただかないのですが
非模型の方からは結構耳の痛い批判いただきます。
それが飛躍の糧になって有難いことしきりです・・・
(その場じゃ結構腹立ててますが)

P3070009.jpg
その上に0.2mmプラ板の最上甲板乗っけます。
この方法だとケースメート部分の甲板形状が再現できるのがメリットですね
(その分工作手間が大幅にかかって定番にするかは微妙ですが)
甲板の張り出しが綺麗に複製できるかが問題ですが
シリコンゴム高強度型にしないとだめかな・・・

P3140023.jpg
甲板はっつけて艦首の成型。高速戦艦だけあって前級よりフレアーが大きめに見えますんで
その辺考慮した削りこみです

P3140022.jpg
このクラスの見せ場のひとつ、Mk1主砲塔の工作です
実はこの砲塔は将来需要見込んで2~3年前に量産しておいたものがあるんですが
この間に工作レベルが旧シリーズからHG(?)に進化(ふつー自分で言わないだろ?)
やむなく再製作となりました。旧砲塔、20個ほど作っといたんですがね・・・(続
  1. 2010/03/14(日) 14:16:19|
  2. 1/3600艦隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

(坂の上の雲かもしれない)SKIPシティオープンセット・・・

昨日昼頃事務所の帰りにまた寄ってきました!
資材も搬入してあって土盛りも随分進んでいました・・・

P3060036.jpg
廃材っぽい材料がいっぱいとトタン波板、足場材(いわゆるビデ足場)
産廃用コンテナなどが搬入されていて、作業員の方がなにやら枠組みしていました

P3060038.jpg
1週間で随分大きくなった「盛り土」近辺には枠組み用の「垂木」が置かれています
雨続きだったんでショベルでしきりに土を抑えていました・・・

P3060040.jpg
上から見下ろした盛り土。しいて言えば「タンブルホーム」の船に見えなくもない?(ムリッポ

現時点では正体不明のこのセット、仕事中の作業員さん捕まえて聞くのもなんですし
シティ内は土曜の午前中と合って職員さんもちらほらでした
次回はよった時はNHKアーカイブスの人にでも聞いてみようかな・・・
(それともぼちぼち出来上がっていくさま見ながらあれこれ考えてるほうがいいかな?)

↓今日の「リヴァー級」

P2270042.jpg
露天艦橋のブルワークの切欠きが気になってプラ板でこさえたタラップつけてみました
なんとなく楽しんで工作していましたが、考えてみるとあと5~6個作らなくちゃいけない計算、
また完成予定が遠のきそうです(^^;
(ハナっから意地張らずにエッチング注文すればよかったような気が・・・)

P2280032.jpg
艦橋ウイングの補強ガーター、(北國さんも言ってましたが)左の部品はさすがにごつすぎ
新規製作も考えましたがそうなると真ん中の甲板延長部との取り合いの調整が面倒そうなので
真ん中だけ抜いて銅線でブレース(筋交い)としました
これも結局全部作ったほうが早かった気がしました・・・

30年ぶりとなるWLキットの製作、やっぱり試行錯誤が続いてなかなか進みません
(それにせっかく作る以上は!見たいな気負いもあるし)
JME、そろそろ本業のほうの1/3600の準備も始めなきゃならないし困ったもんです
  1. 2010/03/07(日) 18:17:22|
  2. 「坂の上の雲」ロケセット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。