RN工廠

1/2000~4000ミニスケール洋上艦船模型製作暦20有余年、 その極小世界へようこそ・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月展示会の準備・・・(1)

北國海軍工廠さま、arumok1124jpさまと初のユニット組んでの参加となる
7月17.18の「艦船模型合同展示会」参加準備にまい進中昨今、
このブログも放りっぱなしになっていたのでざっと新作の進行状況アップしてみました・・・

新規製作物1番の大物は米35.000t級新戦艦 Nカロライナ級です

こんかいはaruさんとの共同展示なんでスケールもチョイ小さ目の1/4000です
それでもここしばらく作っていたプレドレッドノートと比べると巨大で5cm(!)以上あります


P5310007a.jpg
平面形はこんなもんでしょうか?
個人的には米新戦艦3級のうちではこのクラスの船体が一番戦艦らしいスマートさがあって好きですネエ



P6070002.jpg
中央の甲板室と艦橋周り攻めて見ました。アイオワ、Sダコタに比べて冗長なイメージのあったこのクラスの上構ですが
思ったより必要最小限のコンパクトな構成になってます



P6120005a.jpg
煙突載せて見ました。やはり軍艦の煙突はこのように直立+独立しているものが美しいと思うんですが・・・



P6130012.jpg
で、いったんバラして個別にディティール追加です
グレーの部品は別に複製して置いた4連装機銃と(28mm?40mm?とは聞かないように。ただの1.3mmのワッカに四角いブラ板張っただけだから・・・)5インチMK28高角砲です



P6130011.jpg
仮に組み合わせてみるとこんな感じ。煙突両サイドの機銃の位置は初期には探照灯だったかもしれません



P6130003.jpg
やはり別型取りした16インチMK6主砲と併せたサイドビューです。まあまあかな?



P6130008.jpg
一番悩んだのはこのクラスの一大特徴の艦首形状、盛り上がったカリフラワー形かあるいはキノコ雲形というか、
ともかく不思議な形状です
(まあ、この写真じゃ判りませんが・・・現物みても何表現したいんだかわからなかったりして・・・)

当初は合同展示の添えもんくらいに考えて引き受けたんで、もっとサラッと仕上るつもりでした
時代的に好みのアイテムでもなく、出だしの進みは鈍かったんですがいざ手をつけ手見ると結構面白い形状、
そこそこ作りこんでしまいました・・・



P6130013.jpg
分割してシリコンキャスト用のプラ板の箱に収めた状態です。極小スケールとしては最多の9パーツになりました
さあ、これにシリコン流し込んで待つこと24時間どんな具合に仕上がるか・・・

スポンサーサイト
  1. 2010/06/14(月) 12:19:40|
  2. 1/3600艦隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。