RN工廠

1/2000~4000ミニスケール洋上艦船模型製作暦20有余年、 その極小世界へようこそ・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

艦船模型合同展示会に参加させていただきました!

7/17.18と第6回艦船模型合同展示会」に参加させて頂きました・・・


この展示会は、本来私のような「スキマモデラー」
(人が作ってないスケール、切り口だけやって腕の無さをごまかす)
が到底参加できるはずもない「艦船模型の王道」を進むお歴々の集まりなのですが
こちらでもおなじみの北國海軍工廠さんのお力添えで同じく極少モデリングに血道をあげる
arumok1124jpさんと3人のコラボ「Model Ship Builders」としての参加が実現しました

当日は≒70坪の大きな会議室に全部で28の団体、個人が参加、
展示された点数は(超ミニスケールは1隻づつカウントせずに)500を超えていました

全体の雰囲気、展示の内容は北國海軍工廠さんがブログにリポート載せてらっしゃいますので
そちらを見ていただくこととして(丸投げ!)

うちのブースのご近所様で私の気になった作品ご紹介いたします・・・


P7170006.jpg
↑はす向かいは「艦船模型同好会」より衛さまの作品群(!)
左手の戦列が1/700「世界の戦艦1906-8」右手が「WW1独第一偵察艦隊」です(命名は私の偏見より)
衛さまは素晴らしいハイペースで高水準のレジンキット製作なさっているお方です
会場では衛さまに「このペースなら100周年にはジュットランド海戦参加艦がコンプリできるのでは?」
等と軽口叩いておりましたが、あとで北国さんに「それには軽自動車が買える位かかるんですよ」と教えられビックリでした・・・


P7180121.jpg
↑同じく「艦船模型同好会」blackさんの1/350超大作洋上ダイオラマ、奥が「SMSケーニッヒ」手間が{HMSフッド」です
(作品名がそれぞれあったはずなんですけど失念、blackさんm(-_-)m )
会場壁際の椅子に座って痛む膝を休めていた際、お隣から「この角度いいんじゃ無いかな?」と教えられあわててのシャッター連射でした。
2隻並ぶと1.5m以上の長さになる大作ゆえそこそこピンがあっていたのは残念ながらこれ1枚でしたが・・・


P7180100.jpg
↑ケーニッヒの艦首部分のアップ。艦本体の工作技術もさることながら抑え目のマットな海面表現が素晴らしいです
余談ですが衛さんBlackさんとは意外な趣味でも共通点があり周囲ほったらかしで話しこんでしまって
ちょっと\(_ _)


P7180088.jpg

↑お隣は「チーム無限蒸気艦」からシュガー長官さまの「氷川丸」
戦前の海外航路貨客船団唯一の生き残り氷川丸にスポットを当てた連作でその変遷を9つの作品として完成させたものです
写真は当時あまり評判の良くなかったオリーブ色の「氷川丸1961~1985」です
困ったことに実は自分的には「氷川丸」というとこの塗色という印象が強いです


P7170008.jpg

↑おなじく「チーム無限蒸気艦」から kudopapa@副長さま(手前)、国親父坐郎閣下(奥)の「リバー級フリゲイト」です
小生も参加した「川祭り」参加の2隻です
お人柄も、作るものもスケールのでっかいお二方の珍しくも小物が並んでいる姿、
これはこれでなかなか見られるもんじゃありませんよ!
(もちろん、件のボロジノ、スワロフが並んでいる姿には圧倒されました~)


P7180062.jpg

↑通路挟んでおむかいさまNavy Barのブースから1/700ダイオラマ「ピース&ポラリス1968」イタリアの弾道ミサイル(!)巡と大型ヨットのコラボが素晴らしいです
左手のWW2時のチュニスを舞台にした作品もそうですが。こういった素晴らしいハイセンス+ハイテクの作品を見せていただくと小生作の(毎度時間のなさ言い訳にした)やる気のなさが恥ずかしくなって来ます・・・


P7180003.jpg

↑さらに反対側のはす向かいには、光栄にも艦船模型界の第1人者 岡本好司さんの1/150「榛名」が展示してありました
初日は大部分アクリルケース内に鎮座されていたのですが日曜はほぼ終日御開帳状態、
カメラ構えた御仁が引きも切らず、私も他のかたがたの撮影の邪魔しながらの鑑賞+撮影でした


P7180004.jpg

↑同じく艦橋部分のアップです。もう惚れてしまいそうです・・・
(これでもうちょっと好みのジャンルだったら・・・とか、せめて新造時の姿だったら・・・とかは言いますまい・・・)



それにしても感動と興奮の二日間を与えていただいた「ミンダナオ会」K会長様には感謝のきわみ、
また今回ろくな写真が取れてなかったんで作品の御紹介できませんでしたが
まったくビックリするほど同郷だったディアスさん、
架空艦の絶妙なセンスに改めて脱帽したRONさん、
パワフルな人脈と制作力のCM1号さん、
青函連絡船と神州丸の一連のダイオラマのA-10さん、
大勢の皆様にも御世話になりすっかり癖になりそうな展示会参加でございました・・・
スポンサーサイト
  1. 2010/07/23(金) 20:48:31|
  2. 近況報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

7月展示会の準備・・・(2)??

本当ならバリバリ展示物製作に励んでいなければならない時期なんですが
ちょっと停滞しとりまして・・・実のところ6/23~7/3までドック入りしてました(^^;

原因は裂孔原生網膜剥離、6/18頃から不調だったのですが6/21病院行った所
即手術せねば失明の可能性もあるとのこと
大慌てで入院しました・・・

P6290040a.jpg
↑できたばかりの病棟だったんで入院自体は到って快適でした
(片目見えないのと少々の頭痛以外は不調もないし)


P7020084a.jpg
↑眼科病棟と同じフロアには屋上庭園があり、ここの散歩はいい時間つぶしになりました

P7020074a.jpg
↑術後3日は原則うつ伏せ、その後も横向きの姿勢とるように言われたので活躍の機会は余りありませんでしたが
6/30からは起きている許可出たので持ち込んだPCで暇つぶしできました


P7020107a.jpg
↑7/1には病棟の談話室に七夕飾りが出てました。最初はナースさんの書いた
「鼻が高くなりたい」だの」「お金がいっぱいほしい」だのの短冊しかありませんでしたが
だんだん患者さんの切実な願い事の短冊も増えていました・・・


無事退院はできたものの視力が回復するまでは数ヶ月かかるらしく、いまだ片肺状態ですが
ともかく製作は再開できました。
今週中はいまいち細かいものは見えそうもないのでベースのほう先行させようかと思っています・・・

P7010060a.jpg
↑ひとつだけ吉報は、こんな病院食だけ食べていたら血圧は120~65程度、体重も3kg減で
体調的には絶好調になったことですかね?
  1. 2010/07/06(火) 10:19:32|
  2. 近況報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。