RN工廠

1/2000~4000ミニスケール洋上艦船模型製作暦20有余年、 その極小世界へようこそ・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

先週の展示会のついでに・・・

実は先週におおなみ会さん展示会の合間に
久しぶりに記念館「三笠」も艦船モデラーの衛さんと見学してきました

前回は100周年式典の直前だったんで8年ぶりの三笠詣で、
そこそこ近所に有ると存外行かないもんですねえ・・・

mikasa_rb.jpg
雨が心配された当日ですが、ちょっと風はあったものの午後からピーカン
まさに「天気晴朗なれど・・・」でした!

上甲板
ポート側の上甲板、8cm砲(英式に言うと12ポンド砲ですね)が並んでいます
いずれも俯仰旋回でき、まずはお約束の「目標、国親爺坐ろう、距離6000!」を楽しみます

目標猿島
スタボ側の砲門からは猿島「目標猿島、距離2000!」

明かり窓
甲板上の「天窓(スカイライト)」です。船体はオリジナルを保っているはずの三笠ですが
このあたりの艤装品はチリ戦艦アルミランテ・ラトーレのものを流用していると思われます
(そのほうが実は興味があったりして・・・)

SB側ボートデッキ
スタボ側の短艇甲板を艦橋ウイングから
手前の6インチ砲室の天井部分に載炭口(コーリングリム)が作られています
さて直下はどうなってるのかと覗いてみたところ、ちゃんとキャンバスシートを巻けるようなハッチになっていました(シートまいてコールシュートになるわけです)
(ここは女子トイレになていて、気づかず覗き込んでいたら衛さんに止められました・・・)

長官室
前回訪問の頃は入室できなかった長官室です(当時は戸口から覗くだけでした)
さすが広々としてますが、旗艦幕僚室艦型で士官スペースの半分ほども占領されており
艦本来の士官にとっては厄介なお荷物なんでしょうねえ・・・

スタンウォーク
やはり今回初めて上がってみたスタンウォークです
そこそこのスペースが有り、航行中なら他者の目を気にせず一人になれる貴重なスペースだと改めて実感しました

海戦パノラマ
小生が1/3600超ミニスケール制作するきっかけになった、艦内展示室の「日本海海戦パノラマ」は随分と綺麗になっていました
昔は今のようにガラスケースにも入っていなくて埃かぶってマストも取れていましたが・・・

2004photo.jpg
前に訪問したときにあった、損傷部分の赤表示は全てなくなっていてちょっと残念でした
↑写真は2004年の後檣基部、損傷箇所が赤斜線で示されていました
たしか黄海海戦時の損用も色違いで書いてあたような記憶があります

あと映写室で見る解説のビデオが昔のものは東宝「日本海大海戦」の編集版でしたが、今は「その時歴史が動いた」バージョンになっていました。もしかしたら「~大海戦」と「その時」のあいだに「歴史への招待」版もあったかもしれませんねえ・・・
(将来「坂雲」版になるのかな?)

mikasa_fb.jpg
艦種方向からの三笠。斜め後方からの姿は静的に一番美しいものですが、こちらに向かってくる方向の軍艦も動的イメージでいいものですねえ・・・

初めて来た70年代後半はずいぶん汚+寂しいところでその扱いに憤慨した記憶があります
その後、あまり変わらない中100周年、「坂雲」と何かと注目を浴びることも多くなってきた記念館「三笠」
今回はずいぶん間の空いた訪問になってしまいましたが、これからはもちょっとマメに寄ってみたいですねえ

マジェスティック、ダンカン
↑今週の出来物はマジェスティックとダンカン。三笠の兄弟みたいな英前ド級戦艦、
今日午前中シリコン流したんで来週末には完成品見せられるかなあ~
スポンサーサイト
  1. 2013/06/23(日) 14:47:04|
  2. 近況報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「おおなみ会」さん行ってきました~

15日の土曜、予てより楽しみにしていた
横須賀の艦船模型倶楽部おおなみ会さま主催の
「第9回開国の港 横須賀模型展」行ってきました~

数年前から友人のお誘いを受けていたのですが
タイミングが合わず今回、CM1号さん、衛さんらと
初めての展示会見学、現地にて55号さんとも合流
楽しい一日過ごすことができました~

今回特に楽しみだったのは1/72ニミッツの展示です

二ミッツ全景


全長5m弱の巨体は個人の有志制作のものとしては最大級のサイズ
会場中央にあってほかを圧倒する存在感でした
搭載機はニミッツのものではなく横須賀を母港とする空母に搭載される
厚木のCVW-5のものが中心で、時間を追ってキティ時代、インデペ時代と坂上り
夕方には懐かしいミッドウェイ時代のF4N,S、A7Eが並んでいました

二ミッツ艦橋
↑制作に2年あまりをかけた艦橋は圧巻です

艦橋
↑内部のコンソールパネルなども再現されています

エレベーター
↑エレベーターはモーターライズで上下します

艦艇の展示では1/100金属モデルの「雪風」がありました
RCで航行出来るとのこと、生地塗装なのであとのメンテの大変さが忍ばれます
雪風

また次回作はイ-58潜で進捗率30%とのことです
i-58潜
↑「空気ボンベ搭載」と書かれておりRCで潜行できるようです!

サンダ-チャイルド
↑ゲスト参加のおなじみミンダナオ会会長さま謹製の
「水雷衝角艦サンダーチャイルド」対火星戦争で戦艦の主砲すら弾き返す
トライポッド相手に奮戦、2基を屠りましたが奮戦かなわず爆沈した殊勲艦です

ポリフェイマス

↑で、おなじくその原型の元祖水雷衝角艦「ポリフェイマス」です
どちらも細部資料少ない中のスクラッチ、その探求心に頭が下がります・・・

フェリックス海軍
↑55号さまの率いる「フェリックス国」の支援艦船群、上から「ケーブル敷設船ケイン・ホイットレー」
「フェリックス科学アカデミー海洋調査船プレアデスⅡ」「哨戒艇 P-21、P-31」

アースネイションズ
↑「アースネイション」の新鋭、「巡洋戦艦 土佐」「和歌山」艦橋の下部、上部が二重反転で回るレーダーになっていて素晴らしい発想の秀作です!

そのほかも会員様、ゲスト様の多数の展示がありました
次回は「おおなみ会展示会」として11/23、24とのこと
今回は手ぶらの見学でしたが次回は作品持っていこうと思います!
  1. 2013/06/17(月) 12:45:59|
  2. 近況報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ドッガーバンク海戦~その2「ライオン級の完成」

前回「ライオン級の建造」に続いて完成編お届けします

英ライオン級巡洋戦艦は、巡洋戦艦(以下」巡戦)の始祖「インヴィンシブル級」から数えて3世代目の巡戦です
2代目にあたるインディファチガブルが前級の小改良型として1隻のみ建造された翌1909年計画で
戦艦の超弩級艦化に併せて13.5in砲搭載の超弩級巡戦として2隻が計画されました
(インディファチガブル級は1910年に植民地予算で2隻追加、ライオン級は同年1席が追加されています)

lion1.jpg
↑1/3600ライオン 長大な船体に強力な主砲を搭載しているため爆風対策で上構はコンパクトにまとめられています

ライオン級は従前、前級とは隔絶した新設計の大型巡戦と考えられていましたが
近年、「三脚檣」新見志郎氏の研究によると(リンク参照)防御要領を除く艦内配置など
インディファチガブルの影響が多々あり起工時には
前級と同じ砲塔配置で(櫛型配置)設計されていた痕跡が見られるそうです

新見氏によれば英超弩級艦に共通するAB両砲塔のスーパーインポーズ化は(背負い式)
本級では規定事項ではなくB砲塔を1.2番煙突間に配置し(そうなるとBではなくPですが)
B,Q砲塔を櫛型配置にする設計も可能な艦内配置になっていたそうです

lion2.jpg

建造中の設計変更で完成時のライオンは同年計画の超弩級戦艦オライオンや弩級戦艦はーキュリーズと同じ
前後「逆向き(首脚を後ろに、支持脚を前においた形式)」の三脚檣を1番煙突の後に備えて完成しましたが
戦艦ですら三脚檣トップの見張り所が排煙で悩まされており、2.5~3倍の機関出力を持つ本級では
「使用に耐えない」と判断され完成後直ちに改正、作品の状態の艦橋となりました
(当初は単棒檣で補助支持脚を後に加える)(続)

lion3.jpg
lion4.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/06/09(日) 09:33:41|
  2. 1/3600ミニチュアで見るWW1の海戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ドッガーバンク海戦~その1「ライオン級の建造」

 二年あまり放置しておりましたブログですが皆様の励ましにより(?)心機一転再開することとしました
長らくの放置でご迷惑おかけして申し訳ありませんが、もしご容赦いただけるのなら引き続きのご愛顧賜りたく存じます・・・

 本来なら次記事は中断していた「ツシマ戦」のロシア第二太平洋艦隊の続きとなるところですが
今回は私が9月に参加予定の艦船模型展示会「北の艦船模型展」に出品予定のシリーズお届けします・・・

表題のライオン、原型は1993年ころ作ったもので2007年末に一度制作していますが
最近とは制作の方針も違い(当時はミニチュアゲームに使っても壊れないが最優先)
北艦出展用に原型改修して再制作することとしました

あちこち改修して型取り型抜きした素体です
主な改修点は、上構全体を若干シャープにして主砲塔を回転できるように別部品化
以前は想定していた時期の違いによりついてなかった水雷防御網のステーつけたこと、
Q~X砲塔間の副砲郭のデッキ別部品としたことです
ライオンa
↓ちょっとやばい旧ライオン・・・
ライオン

主砲塔は別部品で量産、ライオンは13.5インチですがついでに12インチのMK9と
独11インチ、12インチもつくり貯めておきます

ライオンb

後部の副砲郭の吹き抜け甲板に短艇配置しました
短艇はツシマ戦と共通セットのものを切り出して使ってます
ライオンc

主砲塔載せて、艦橋上部、砲郭部上甲板取り付けました
副砲郭は別部品にするメリットあんまりなかったかなあ?(続
ライオンd

ライオンe




テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/06/02(日) 17:06:45|
  2. 1/3600ミニチュアで見るWW1の海戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。