RN工廠

1/2000~4000ミニスケール洋上艦船模型製作暦20有余年、 その極小世界へようこそ・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カノーパス級の建造

「第5回 北の艦船模型展」

場所

小樽市いなきたコミュニティーセンター5F

日時

9月21日(土) 10:00~18:00

9月22日(日)  9:00~16:00


RN工廠は前回に引き続き「北の艦船模型展」に出品させていただきます。
お近くの方はぜひご来場ください、艦船模型を深く語り合いましょう~


DSCF0764.jpg

今回は上記「北艦」出品作になる英カノーパス級戦艦です
カノーパス級は「標準戦艦」を確立したマジェスティック級に継ぐ英国戦艦で
台頭するロシア太平洋艦隊に対抗するため東洋艦隊への配備を念頭に置き
クルップ鋼の採用により前級より装甲を2/3に減厚しながら防御力を維持しつつ
それによる2000tの減量で1ktの増速とスエズ運河を通過できる喫水線を持ちました

常備排水量13.150t 主砲12in/35口径*4 副砲6in/40口径*12 他 速力18kt

DSCF0680.jpg
英戦艦はこのクラスまで多数のキセル型通風等により機関に必要な空気を確保していました
0.5mm銅線曲げて削って「そ・れ・ら・し・く・したもの」5本と
ただの丸棒(!)4本立てて表現します

DSCF0702.jpg
工作終えて型取り準備中です
船体、中央構造、前後艦橋の4部品、今回は砲塔は一体処理にしてしまった(^^;
上段右側は同時に型取りしたダンカン級の艦橋部品です

DSCF0742.jpg
量産中のカノーパス級です
今回はダーダネルス海峡突破戦用に4隻、コロネル沖海戦用に1隻の5隻仕上げます
(カノーパス級総数で6隻だからもう一隻増やしてもよかったかな??)

DSCF0767.jpg
DSCF0769.jpg
DSCF0768.jpg
完成したカノーパス級「カノーパス」、まあ一番仕上がりがましなやつです
前弩級艦は中央舷側のボートダビット軍が一番厄介、
このクラスは左右2組づつしかないのでいくらかましです・・・
(東郷艦隊の諸艦は3組づつあって苦労した・・・)

DSCF0776.jpg

おまけの次回作「英新型装甲巡洋艦」サイズ的には5割り増しだけど
工作はずっと楽です~(砲塔が倍あってそこんとこはちょっと面倒・・・)

スポンサーサイト
  1. 2013/07/30(火) 11:10:03|
  2. 1/3600ミニチュアで見るWW1の海戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

独大型巡洋艦「ブリュッヒャー」

9月の展示会、「北艦」向けの作品シリーズ、
ライオン級に続いてドッガーバンク海戦の主人公の一人
「ブリュッヒャー」製作しました!

ブリュッヒヤー8


「ブリュッヒャー」はフュルスト・ビスマルクに始まる
独大型巡洋艦(一等巡洋艦)の1隻で、ローン級(主砲連装2基前後配置)、
シャルンホルスト級(ローン級に加えて単装主砲を両舷側に2基づつ追加合計8門)
に続いて建造された、シャルンホルストの両舷の主砲を連装化、(弩級戦艦ナッソウ級と同要領)
「弩級」装甲巡洋艦でした

*ちなみに艦名ですが一般的に「ブリュッヒャー」と呼ばれることが多いですが
由来となった「老将」のほうはおそらく当時「ブリュッヒェル」と発音していたと思われるので
後者で呼んだほうが自分的に気分はいいです・・・

前級に比較して50%ほど大型化した本艦ですがその排水量増大は
火力と機関出力に大部分が費やされようで装甲防御は(範囲は拡大されているものの)
英装甲巡洋艦の9.2in砲に対応する厚さ(最大180mm)で充分とはいえませんでした
ブリュッヒヤー6
↑例によってプラ板切ったり貼ったりして大雑把な船体製作
ゴリゴリ削って形を整えます

ブリュッヒヤー12
↑ポンチでプラ板から抜いたバーベットリンク、プラ棒の煙突、その他もろもろくっつけて・・・

ブリュッヒャー11
↑小物追加して船らしくします。砲塔は今回も別部品で作り事前に型取りしておきます


ブリュッヒヤー7
↑型取り用に分割した状態です。主船体、前後部の探照灯台、艦橋、煙突*2で合計6部品+砲塔6個で12個です。シャルンホルストに比べて煙突2本しかない分まだ分割は楽ですが、砲塔が多いのでこちらの鋳形は大変でした・・・
ちなみにベースの右下は汎用部品の6in~15.0cm単装砲、今回使う部品ではありません

ブリュッヒャー5
↑レジン流した2番ショットにタン吹いてみました。まだまだ細部に気泡ありますが
パテ埋めなどすることといてこれで本番にします~
低い乾舷についてる水雷防御網のステーがちょっと厳しいですなあ・・・

ブリュッヒャー4
↑前後の煙突つけてざっくり塗装です。う~んまだ気泡残ってますねえ
このレベルの気泡はパテより0.3プラ棒突っ込んで接着して整形します

ブリュッヒャー3
↑三脚檣の組み立てです。0.4mmプラ棒で主脚を0.3プラ棒で支檣をつけます
例によって独式三脚檣は頂点が一点ではないので調整が面倒です
細かい部品つけてしまうと塗装時に壊してしまうことも多いのでできるだけ塗装も済ましてあります
前後砲塔↑には同時期衛さんが製作していた1/700ブリュッヒャー同様、対空識別用白丸描きました
(かなり大きい+線が太いのはご勘弁を・・・)
ブリュッヒャー9

端整なプロフィールぞろいの独艦隊にあってひときわ優美な本艦は、
ドッガーバンク海戦ではその存在がむしろ足を引っ張りヒッパー隊全体を危機に陥れ
結局、本艦の沈没により主力が離脱するという(トカゲの尻尾扱い!?)
微妙な活躍ぶりが残念な結果ではありました・・・


  1. 2013/07/10(水) 15:07:25|
  2. 1/3600ミニチュアで見るWW1の海戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。