RN工廠

1/2000~4000ミニスケール洋上艦船模型製作暦20有余年、 その極小世界へようこそ・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドッガーバンク海戦~その2「ライオン級の完成」

前回「ライオン級の建造」に続いて完成編お届けします

英ライオン級巡洋戦艦は、巡洋戦艦(以下」巡戦)の始祖「インヴィンシブル級」から数えて3世代目の巡戦です
2代目にあたるインディファチガブルが前級の小改良型として1隻のみ建造された翌1909年計画で
戦艦の超弩級艦化に併せて13.5in砲搭載の超弩級巡戦として2隻が計画されました
(インディファチガブル級は1910年に植民地予算で2隻追加、ライオン級は同年1席が追加されています)

lion1.jpg
↑1/3600ライオン 長大な船体に強力な主砲を搭載しているため爆風対策で上構はコンパクトにまとめられています

ライオン級は従前、前級とは隔絶した新設計の大型巡戦と考えられていましたが
近年、「三脚檣」新見志郎氏の研究によると(リンク参照)防御要領を除く艦内配置など
インディファチガブルの影響が多々あり起工時には
前級と同じ砲塔配置で(櫛型配置)設計されていた痕跡が見られるそうです

新見氏によれば英超弩級艦に共通するAB両砲塔のスーパーインポーズ化は(背負い式)
本級では規定事項ではなくB砲塔を1.2番煙突間に配置し(そうなるとBではなくPですが)
B,Q砲塔を櫛型配置にする設計も可能な艦内配置になっていたそうです

lion2.jpg

建造中の設計変更で完成時のライオンは同年計画の超弩級戦艦オライオンや弩級戦艦はーキュリーズと同じ
前後「逆向き(首脚を後ろに、支持脚を前においた形式)」の三脚檣を1番煙突の後に備えて完成しましたが
戦艦ですら三脚檣トップの見張り所が排煙で悩まされており、2.5~3倍の機関出力を持つ本級では
「使用に耐えない」と判断され完成後直ちに改正、作品の状態の艦橋となりました
(当初は単棒檣で補助支持脚を後に加える)(続)

lion3.jpg
lion4.jpg
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/06/09(日) 09:33:41|
  2. 1/3600ミニチュアで見るWW1の海戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「おおなみ会」さん行ってきました~ | ホーム | ドッガーバンク海戦~その1「ライオン級の建造」>>

コメント

まいどです~♪

いつもながら的確なプロポーションの再現が素晴らしいですね!
カッコエエっすわ~。

ところで防雷網の撤去はいつごろなのでしょうか?

フォークランド戦で写ったインビンシブルは「撤去済み」
1914年にUボートに撃沈された「オーディシャス」は「撤去前」
ドッカーバンク戦を「射撃盤の改装」で休んだクィーンメリーの改装後の写真は「撤去前」
射撃盤を装備したインディファティガブルは「撤去済」の写真が残っている。→
 ジュットランド戦前には撤去されていた。
1914就役の巡戦「タイガー」は、はじめから装備されていない。

う~ん?
  1. 2013/06/09(日) 14:14:57 |
  2. URL |
  3. 北國海軍工廠 #-
  4. [ 編集]

最初悩んだんですが...

水雷防御網、どうしようか当初悩んだんですが例のBritish Battleships of world war one
に撤去時期の記載が有ることに気づき助かりました...

各クラスの項目のApperance chengesに大雑把に記載が有り
インウ゛ィンシブル級⇒1913~1914に撤去
インデファチガブル、オーストラリア記載無し
でも117pの写真で1914marchのインデファチガブルの写真は撤去済み
ニュージーランド⇒1916springに撤去

で問題のライオン、プリンセスロイヤルですが記事自体は
1915~1916に撤去とあっさりしてますが182pのジュットランド戦から帰途に有るライオンの写真には着いています!
(写真自体もQ砲塔が左舷側向いて右砲のみに仰角がかかっていてジュットランド戦後で間違いなさそう)
三脚檣にあったQ砲塔のない写真では撤去済みだからジュットランド復旧時に撤去で間違いなさそう

でプリンセスロイヤルは記事を読む限り方位盤着けたときかその前に防御網は撤去されているように見えます
(といってもライオンの記事と似よりの表現なんでジュットランド時に着いていないかどうかは不明、1914NOVの写真には展開中ものも有りp179}

クインメリーは1915januarの載炭中の写真p188には着いてます。

ともかくドッガーバンクだけかんがえるとインドミタブル、タイガー以外は皆着いていたようですねえ

「藤本リポート」には英戦艦には着いていないと簡単な記述が有り、それもとにした福井さんのいろんな記事に同様の記述が有ったり、インウ゛ィンシブル級の海戦前の写真などで巡戦は撤去済みと勘違いしてましたが、
もうちょっと調べないといかんようです...

今回のライオンはドッガーバンク用では有るんですが前檣が棒檣だと格好悪いんで支持脚、方位盤付き、水雷防御網付きの推定ジュットランド時にしてしまいました...
  1. 2013/06/10(月) 18:10:24 |
  2. URL |
  3. RN工廠 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hoodansonhowerodney.blog90.fc2.com/tb.php/138-0036e98a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。