RN工廠

1/2000~4000ミニスケール洋上艦船模型製作暦20有余年、 その極小世界へようこそ・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1/700英装甲巡デヴォンシャー級カーナヴォン組説(3)

工作はちょっと一休みで四方山話です・・・

表題のデヴォンシャー級ですが、完成から大戦争開戦までの
9年間の間に、相応の改修をうけています

キット自体はほぼ原型として製作されていますが
当然ながら個艦、時期により違いがあり制作時には確認が必要です

特に大きな差異として、後部副砲砲郭の拡大が見られます

本来このクラスの後部副砲郭の船尾側は
写真のようにオープンになっています
カーナヴォン船楼後部



初回に掲載した写真にあるように、デヴォンシャー級の後部主砲塔は
前方射界を確保するためか、後部副砲郭からほぼ砲塔一個分隙間があります
しかし、この写真(大戦中のデヴォンシャー)では間隔が少ないように見えます
デヴォンシャー


またアーガイルの大戦後と思われる写真では
後部副砲砲郭部分はこのようになっています

アーガイル2

これらによりデヴォンシャー級の一部は1910年ころ(その他写真から推定)
この赤線のように副砲郭が拡大されているものと思われます・・・

船楼後部3

*加えてKzさんに教えていただいた副砲位置の換装が随時されていますので製作の際はご注意ください

KZ イギリスのWikipediaに戦争中にメインデッキの副砲をアッパーデッキに移したと言う記載があります
http://en.m.wikipedia.org/wiki/HMS_Devonshire

RN ご指摘ありがとうございます~
このクラスの副砲、片舷3門で寂しく、
しかもそのうち2門が外洋で使えないメインデッキ配置で
その点不評だったんですよね
(世界の艦船1968年の英装甲巡特集にも書いてあったかな?)
時期など不明ですが何枚かの写真ではその改修確認できます

「ハンプシャー最後の旅立ち」という絵画でも
確認できるのですが、それを信じるとジュトランド以前に
改修がなされていたことになりますが・・・

RN HMSデヴォンシャー、代々戦列艦が続いてますが四代目は焼き討ち船だったんですねえ(◎-◎;)

で、組説のラスト、船首部、船尾部、別パーツ艤装品の取り付けです

船首部


画像、船首部分です
錨索甲板にアンカーチェーン、船首燎原にアンカーを取付けます
いづれもパーツにはありませんのでジャンクパーツ、ないし自作が必要です

また、主砲砲身下には手摺状のガードレールがあります
真鍮線などで自作してください

艦首尾、両舷に一基づつ、合計4基の主砲も砲身パーツありません
自作お願いします

船尾部


画像の、船尾にも主砲下にガードレールがあります

DSCF2226S.jpg

船体中央の写真を参考に手持ちのエッチングパーツで
手摺、タラップなど取り付けるとよりスケール感に富んだ作品に仕上がると思います


以前にも書きましたが、小艤装部品は自作、ジャンクからの流用もできますが
シールズモデルズの「1/700 SCALE 日英海軍艦艇装備セット」SMP002
1セットでに全てそろいますのでご活用ください

*現在配布中のセットには通風筒パーツ含まれていません
2mmプラ棒を(大)は4mm長、(小)は2.5mm長にカットしてお使いください

以上、デヴォンシャー取説終了、入手希望の方は何処の展示会などで
RN工廠にお声かけください!
スポンサーサイト
  1. 2015/06/07(日) 19:49:31|
  2. 1/700英装甲巡デヴォンシャー級
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<1/700帝政ドイツ小型巡洋艦マグデブルグ級の製作 | ホーム | 1/700英装甲巡デヴォンシャー級カーナヴォン組説(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hoodansonhowerodney.blog90.fc2.com/tb.php/145-59bdf0fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。