RN工廠

1/2000~4000ミニスケール洋上艦船模型製作暦20有余年、 その極小世界へようこそ・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1/700帝政ドイツ小型巡洋艦マグデブルグ級の製作~その3

一週間ほど放置して船体のパテが乾いた頃合で船体の工作再開です

まずはお仲間の衛さんから借りたWSWのレジンキット「ピラウ」と並べて乾舷高さなど確認、
ちょっと低めに見えるので修正します
ADSC_1074.jpg

同じドイツ小型巡でもロシア向け設計のピラうとは随分思想が違います。
メーカーが違うからなのか、ロシアの仕様なのか??
ADSC_1073 - コピー

外舷をざっくり整えたところで0.25プラ帯を貼ります
ADSC_1123.jpg

船首部も同様、フレアーに合わせてプラ帯貼っていきます
ADSC_1126.jpg

プラ帯の継ぎ目に溶きパテ塗って、ひたすらペーパー掛け
塗ってはかけてフレアーのイメージが一致するまで続けます
ADSC_1147.jpg

艦尾のフレアーも同様に作業、おしりの具合もいい感じになってきました・・・
ADSC_1148.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/08/01(土) 17:54:43|
  2. 1/700独小型巡マグデブルグ級
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<1/700帝政ドイツ小型巡洋艦マグデブルグ級の製作~その4 | ホーム | 1/700帝政ドイツ小型巡洋艦マグデブルグ級の製作~その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hoodansonhowerodney.blog90.fc2.com/tb.php/148-a80c64ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。